「火災保険 新価と時価の違いは大きい」
それでは火災保険に入るときのポイントは何でしょうか。まず知っておきたいのは、家の評価額には時価新価があるということ。この違いはものすごく大きい。

新価ならば新築費相当額の保険金が出るので家を建て直せるが、時価は時間が経つにつれてどんどん下がります。

20年ほったらかしだった火災保険では、十分な修理費用さえ出ないということにもなりかねません。しかも時価よりも高額の保険を掛け続けていれば、その保険料はまるまるムダになります。今後インフレ傾向になれば、その差はさらに大きくなる可能性もあるのです。
【2007/05/02 20:17 】
| 火災保険をチェックしよう | コメント(-) | トラックバック(-) |
| ホーム|