「火災保険の内容は、常に自分で確認する」
大事なのは他人の言うことを鵜呑みにせず、常に自分で確認し正確な情報を得ることだということがわかります。

たとえ代理店が間違っていても自分に疑問に思う程度の知識があれば確認することができるのです。

せっかくいざというときのために入る火災保険。イザ、がないに越したことはないかもしれないが、もしもあったなら「入っていてよかった」と心から思えるような付き合い方をしたいものです。
【2007/05/07 22:06 】
| 契約時に気をつけたい不払いを防ぐポイント | コメント(-) | トラックバック(-) |
| ホーム|